【剣道】小学生向け!自宅でできる練習法!

趣味

今回は小学生向けの、自宅でできる剣道練習法をご紹介します。

剣道は対人競技なので、実践形式で稽古するのが

一番効果的だと思います。

しかし、

基本の部分ができていないと、

対人練習の効果も薄れてしまいます。

また、小学生のうちから

くせのない動きや姿勢を身につけることで

今後の成長も大きくなります。

コロナ感染予防であまり練習できていない

自宅で練習させたいけどどうしたらいい?

という悩みを持つ保護者の方々、

ぜひこの機会に基本に立ち返った練習を

自宅で

実践してみましょう!

是非参考にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

おすすめ練習メニュー

自宅で簡単にできるメニューを3つご紹介します。

  • 素振り
  • 構えの確認
  • ビデオ研究

こちら、3つとも基本的なことですが、

大きく差ができるポイントでもあります。

 

素振り

自宅で素振りをする際のポイントは

全力でやることです

当たり前だなと思うかもしれませんが、

意外とできていない子ども多いです。

普段の稽古の際は、基本的に素振りは

準備運動の後など

かなり序盤の方でやることになります。

稽古序盤から全力を出す子、

なかないないです、、、

なので自宅での練習で取り入れましょう。

数を多くやる必要はありません。

10本で十分です。

10本でも全力で集中すると

大人でも息が切れるほどきついです。

このときに普段指導者の方に注意されていることを

意識しながらやると、より効果的ですね。

 

構えの確認

普段の稽古ではじっくり自分の構えと向き合う時間は

意外とありません。

特に小学生のうちは構えを意識すること自体

あまりしないので

時間が確保できる

自宅での練習に取り入れると効果的です。

ポイントは、鏡や写真動画撮影などで

自分を客観的にみる

ことです。

自分ではやっているつもりだったけど

実はできていなかったを

子ども自身に認識させることが重要です。

言葉や動きだけで指導しても

伝わっていないことも

よくあるので、

自分の姿を見てみるというのは

非常に効果的だと思います。

 

ビデオ研究

最近ではスマホでも簡単に動画を撮影することができるので

ぜひ積極的に活用して欲しいです。

先ほどの構えの確認でもありますが、

客観的にみることはとても重要です。

ビデオ研究をする際に

試合で打たれたところや、だめだったところに注目しがちですが、

一本取ったことろをよく見るといいと思います。

勝ちパターンを意識させることで

自分に自信が持てますし、

なによりモチベーションの向上に繋がります。

特に小学生は

やる気を維持させることが重要なので、

是非取り入れて欲しいです。

 

まとめ

今回は自宅での練習法についてまとめましたが、

大事なことは

継続することです。

1日やったからといって

成長しません。

これらを続けていくことが重要です。

しかし、先ほども述べたとおり、

子どものやる気を維持することが大事なので、

お子さんと相談しながら

長期的に継続することが大事ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました