【梅雨が来る前に!】1人暮らしの湿気対策7選!!!【カビ予防】

暮らし

梅雨の時期は毎日じめじめして大変ですよね。

湿気対策をしないとカビができて、お部屋が大変なことになってしまいます。

でも、1人暮らしを始めたばかりうちは

何をしたらいいか分からないですよね。

そこで今回は、

簡単にできる1人暮らしの湿気対策7つ紹介します!

これを読んで万全の状態で梅雨を迎えましょう!!

こんな人におすすめ
  • 初めての1人暮らしで湿気が心配
  • 湿気対策法を知りたい
  • 毎年梅雨の時期はカビができて苦労している

スポンサーリンク

湿気の原因は主に4つ!

Markus SpiskeによるPixabayからの画像

1人暮らしの湿気の原因としては次の4つが挙げられます。

  • 風の通りが悪い
  • コンクリート構造の物件が多い
  • 防犯面から窓をあけられない
  • 部屋干しが多くなる

1つずつ解説していきます。

風の通りが悪い

Frank WinklerによるPixabayからの画像

1人暮らしの部屋はだいたいの人がワンルームや1Kなどの大きさで、

一戸建てやファミリータイプの賃貸物件と違比べて、狭い傾向にあります。

加えて、窓が少ない場合が多いです。

向かい合うような形で窓があれば、

風の通り道を確保することができるのですが、

1人暮らしではなかなか厳しいのが現状です。

狭い部屋でかつ窓が少ないことが

風の通り道をなくし、湿気が出来やすくなる原因の1つと考えられます。

コンクリート構造の物件が多い

khiem tranによるPixabayからの画像

近年では防音や災害への対策として、鉄筋コンクリートの物件が多いです。

鉄筋コンクリートは音を通しにくかったり、耐久性がある反面、

調湿性が悪く、湿気を作りやすいといった特徴があります。

特に築浅の鉄筋コンクリートは水分量が少なく、

湿気が多い傾向にあります。

窓をあけられない

ShlomasterによるPixabayからの画像

窓を閉め切った状態が長く続くと、換気が行われず、湿気の原因となってしまします。

窓を開けられない理由として、次のことが考えられます。

  • 1階に住んでおり、人の目が気になって開けられない
  • 防犯面から窓はなるべく開けたくない

特に女性の1人暮らしに多く見られる傾向です。

部屋干しが多くなる

Photo by Randy Fath on Unsplash

部屋干しが多くなることで、部屋全体の水分量があがり湿気が出来やすくなります。

  • 防犯面から外干しは避けたい
  • ベランダがなく、仕方なく部屋干しにしている
  • 仕事が忙しく、夜にしか洗濯できないため、夜部屋に干すしかない

部屋干しは湿気の原因になるだけでなく、衣類の臭いの原因にもなるので

しっかりとした対策が必要です。

簡単にできる湿気対策7選!!

窓を開ける習慣をつける

Free-PhotosによるPixabayからの画像

朝起きたあとすぐや帰宅後に

などと時間を決め、ルーティーン化することで換気を習慣化します。

窓を開けての換気は5~10分間といった短い時間でも効果があるのでおすすめです。

日中も換気扇を使う

Siggy NowakによるPixabayからの画像

換気扇は窓を開けられない人におすすめです。

お風呂や料理の際に換気扇を使う人が多いかと思いますが、

日中にも換気扇を使うことで湿気を防ぐことができます。

電気代もそれほどかからないので、手軽にできますよ。

エアコンの除湿機能を使う

Photo by Max Vakhtbovych from Pexels

エアコンには除湿機能(ドライ)がついています。

これを使うことで部屋全体の除湿ができます。

特に梅雨のじめじめした天気のときに、

エアコンを使いたいけど電気代が気になる人は

除湿機能を使うことをおすすめします。

家具の配置を変える

PexelsによるPixabayからの画像

ベットといった大きな家具を窓際に置いている人は、

壁との隙間を作ってあげると効果的です。

外に向いた壁に家具をぴったりつけると湿気の原因になり、

マットレスなどにもカビが生えてしまいます。

布団なども定期的に熱を逃がしてあげましょう。

結露を放置しない

Photo by Randy Laybourne on Unsplash

窓にできた結露は放置せずに、拭き取るようにすると良いでしょう。

結露を放置したままにすると、カーテンにカビが生えてしまいます。

結露を拭き取る際は、下から上に向かって拭き取ることで

サッシ部分に水が貯まることがありません。

クローゼットに詰め込みすぎない

Photo by Becca McHaffie on Unsplash

クローゼットにものが多いと空気の流れが悪くなり、

湿気が生まれやすくなります。

クローゼットや収納スペースなどの閉めきった空間は

適度に扉をあけて換気をしましょう。

扇風機やサーキュレーターなどを使って風をおくってあげると効果があがります。

また、アウターなど着た服をそのまま戻すときは

クローゼットに入れる前に、別の所にかけて熱を逃がしてあげると良いです。

部屋干しの量を少なくする

JayMantriによるPixabayからの画像

洗濯をこまめに行うことで部屋干しの量を少なくします。

どうしても部屋干ししか出来ない人はこの方法がおすすめです。

まとめ:梅雨が来る前に湿気対策をしよう!!

press 👍 and ⭐によるPixabayからの画像

今回は1人暮らしの人向けに、簡単にできる湿気対策を7つ紹介しました。

この対策を実施して、万全の状態で梅雨を迎えましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました